妊娠後期も摂取しておきたい葉酸サプリ | 葉酸サプリバイブル!妊娠中に必要な栄養摂取おすすめサプリ徹底比較

alt_02

妊娠後期も摂取しておきたい葉酸サプリ

妊娠0週~11週までのいわゆる妊娠初期の頃は、胎児の健康のためにより多くの葉酸が必要なので、食事だけでは補えないときは葉酸サプリを利用するようにしてください。妊娠28週~43週の妊娠後期になると、それほど必要ないと考える人もありますが、胎児と母体の健康のことを考えるなら続けた方が良いでしょう。

妊娠初期は胎児のリスクを減らすために葉酸が必要

妊娠初期は胎児に神経管閉鎖障害などの先天性のリスクがあるので、葉酸を積極的に摂った方が良いと言われています。普段の食事だけでは難しい人には、サプリを利用するのがおすすめなので、1日に400μgは摂取するようにしてください。ただし1日の上限は1000μgなので、摂り過ぎには十分注意するようにしたいですね。サプリを使えば効率的に摂取できるので、出来るだけ口コミの評判の良いものを選んで購入し、母体と胎児の健康のために役立てるようにしましょう。葉酸だけでなく鉄分やカルシウムを含んだ葉酸サプリもあるので、複数を比較してから選ぶことが大切です。

妊娠後期にも妊娠初期のように葉酸が必要な理由は

妊娠初期で葉酸サプリを利用した方が良い理由は、神経管閉鎖障害などの先天性のリスクを減らすためです。では妊娠後期になると必要ないのかと言えばそうではありません。葉酸は胎児の細胞の分裂を促したり、成長する際には欠かせない成分なので、妊娠後期はもちろん、出産後の授乳期にも必要な栄養です。葉酸が足りないと、貧血や口内炎を起こすことがあるので、不足しないよう定期的に摂取しなくてはなりません。1日に480μgの葉酸を摂取すると、赤ちゃんを健康的な体に導けるので、妊娠後期になっても初期と変わらず、葉酸サプリを利用するようにしてください。

多くの成分を配合している葉酸サプリを選ぶ

胎児の健康のために必要な葉酸を手軽に摂取できるものとして、多くのメーカーが葉酸サプリを販売しているので、初めて購入するときはどれにすべきかで迷ってしまうかも知れませんね。一口に葉酸サプリといっても、葉酸だけが入っているわけではなく、ミネラルやビタミン、カルシウム、鉄分なども配合しているメーカーが少なくありません。妊娠中や母乳を与えなければならない出産後は、どの栄養も不足してはならないので、出来るだけ多くの成分を配合した葉酸サプリを選ぶようにしてください。口コミの評判も参考になるので、購入前にチェックしておくとよいでしょう。

まとめ

葉酸は胎児の先天性のリスクを減らすためには必要なものなので、妊娠初期は多めに摂取しなければなりませんが、妊娠後期も胎児の細胞の分裂を促したり、成長する際には欠かせない成分なので必要です。葉酸サプリを利用するときは出来るだけ多くの成分を配合した、口コミの評判の良いものを選びましょう。

TOP