妊娠期に上手に飲みたい葉酸サプリメント | 葉酸サプリバイブル!妊娠中に必要な栄養摂取おすすめサプリ徹底比較

alt_02

妊娠期に上手に飲みたい葉酸サプリメント

妊娠中の女性にとって、自分の体とお腹の中の赤ちゃんの成長のために、必要な栄養素を安心して摂取したいということが共通の思いです。摂取したい栄養素は沢山ありますが、多くの妊娠初期の女性はつわりの症状があり、何かを口にすることさえ辛い時期にあります。そこで、これだけは摂っておきたい栄養素、それは葉酸です。

必要だけど食事では摂りにくい葉酸

葉酸とは、人間に必要な栄養素であるビタミンの一種で、水溶性ビタミンB群に含まれます。主な働きは、ビタミン12とともに血液を作り、DNAを含む核酸の合成、細胞分裂を促すことです。そして、妊婦さんにとって重要なことは、妊娠初期の摂取により胎児の二分脊椎などの神経管閉塞障害の発症を減らすことです。厚生労働省は、妊娠を望む女性には一般成人女性の2倍である一日440μgを推奨しています。葉酸を含む食品は沢山あり、緑黄色野菜、大豆、レバーに多く含まれており、普段食べている食品から摂りやすいものの、最大の難点は水や熱に弱いため、調理の際栄養素が半減してしまうことです。ほうれん草では茹でると3分の1束(100g)で110μg程度になるため、推奨量を摂ろうとすればかなりの量と毎日の相当な意識が必要です。

葉酸はいつから飲んだらいいのか

妊娠期に特に必要ということですが、胎児の神経管閉塞障害の予防という点では、胎児の脊椎、脳などの重要な細胞分裂の時期である0?4週にはすでに必要なため、妊娠がわかった時期では十分とは言えません。そのため、妊娠を望む女性、また可能性のある女性には普段からの摂取が必要になります。食事として補えない分はサプリメントで摂取することが一般的になってきています。現在葉酸サプリメントは様々な会社から多種発売されています。含有量や製造方法、値段など様々です。安心と安全なものを摂りたい妊娠中の女性にとって押さえておきたい点をみてみます。

天然由来の安全な葉酸サプリメントを選ぶ

サプリメントで安全なことは大きく分けて2つあります。1つは100%天然素材で作られたモノグルタミン酸型のものであることです。2つめは、化学合成添加物が無添加であることです。価格を抑えたり、大量生産のため化学合成された原料を使用し天然由来でないものがありますが、妊婦さんの肝臓や腎臓の負担になったり、過剰摂取により生まれてきた子どものアレルギー性疾患の症状が現れたという報告があります。化学合成添加物については、食品を安全に提供するために必要であり安全ではありますが、妊娠期においては、細胞分裂や増殖を起こしている胎児にとって毎日保存料や着色料などを摂取することは少し心配もあります。なるべく化学合成添加物が多く入っていないものを選ぶようにしたいです。

まとめ

サプリメントで注意したいことは過剰摂取です。葉酸は1000μgを超えないようにといわれています。水溶性の性質があるため過剰分は尿として排出されてしまいますが、あまりにも多い過剰摂取の際は葉酸過剰症状として、発熱、蕁麻疹、かゆみなどを引き起こすこともあるため、1日の決められた量を飲むことが重要です。

TOP