葉酸の効果と効能、効率的な摂取方法 | 葉酸サプリバイブル!妊娠中に必要な栄養摂取おすすめサプリ徹底比較

alt_02

葉酸の効果と効能、効率的な摂取方法

葉酸はビタミンB群の仲間であり、体の細胞が作られる際になくてはならない必須栄養素です。主な働きとして、貧血の予防や胎児の成長を助ける働きがあります。葉酸が不足した症状として、口内炎や食欲不振、下痢などの症状が現れる傾向があります、また、葉酸不足が続くと葉酸欠乏症に陥ることがあり、動脈硬化や巨赤芽球性貧血(悪性貧血)、神経障害、妊娠中には胎児の神経管閉鎖障害などのリスクが高まります。

葉酸を多く含む食品とその効果について

葉酸は前述の通りビタミンB群の一種であり、ほうれん草の葉から発見されたことからその名がつけられました。この名前の由来から、葉物野菜のみに含有されている栄養素であると思われがちですが、レバーなどの動物性の食品にも多く含まれています。葉酸は、人間の体にとって非常に重要な栄養素であり、特に細胞分裂やDNAの合成などに必要とされています。そのため、制帽分裂が盛んな粘膜や、妊娠時には欠かせない栄養素となります。また、ビタミン6やビタミン12とともに、動脈硬化を引き起こす原因でもあるホモシステインを減少させたり、ビタミンB12とともに赤血球を作り出す働きがあります。

葉酸を効率的に摂取するために必要なこと

葉酸は、サプリメント以外では肉類・魚介類・果実類と、様々な食品に含まれています。野菜類ではほうれん草や枝豆、モロヘイヤなどに多く含まれますが、植物性食品よりもレバーなどの動物性食品の方が多く含まれます。多様な食品に含まれている葉酸ですが、水溶性ビタミンであるため、水に溶けやすく、加熱しても失われやすいという性質を持ちます。また、光や空気中に長時間放置しておくことでも失われやすい栄養素であるため、注意が必要です。葉酸は通常の食事をしていれば不足することはあまりありませんが、妊娠時や授乳期には胎児・赤ちゃんの発育に葉酸が必要であるため、普段よりも必要量が多くなります。不足していると感じる場合には、葉酸サプリでの摂取も視野に入れるのがよいでしょう。

養蚕サプリを上手に利用するために

葉酸を含む食品は数多く存在しますが、調理の際に破壊されてしまったり、吸収率が悪く、摂取が難しいことが一番の欠点です。食品を食べた量に対して50%ほどしか吸収されないため、妊娠時や授乳期には不足しがちになります。妊娠時の葉酸不足は、胎児への影響が多く、障害が残ってしまう場合もあるため、食事に加えて葉酸サプリを飲むことが推奨されています。葉酸サプリは空腹時に摂取することが理想的ですが、一度に多く摂取すると尿として排出されやすい性質を持っているため、一度に一日分を摂取すると、そのほとんどが排出されてしまいますので、数回に分けて摂取しましょう。特に、就寝前に摂取すると、葉酸を体内で効率的に働かせることができるといわれているため、よりサプリの有効性が向上します。

まとめ

葉酸は、普段の食生活でも摂取することはできますが、飲酒や喫煙、インスタント食品をよく食べる方などは不足しがちです。特に、葉酸を多く必要とする妊婦さんは、サプリメント以外で必要量の葉酸を摂取することは簡単ではありません。そのため、妊娠前・妊娠時には、普段の初期時に加え、サプリを飲むことが推奨されています。お腹の赤ちゃんのためにも、サプリメント以外の通常の食事だけでなく、きちんと栄養を取りましょう。

TOP