葉酸サプリのメリットとデメリット | 葉酸サプリバイブル!妊娠中に必要な栄養摂取おすすめサプリ徹底比較

alt_02

葉酸サプリのメリットとデメリット

妊娠を希望する女性だけではなく、男性も摂取を推奨されるようになった「葉酸」。毎日の食事で摂取できる栄養素ですが、野菜や果物を食べる機会が圧倒的に少ない方は、サプリに頼ることも一案です。けれど昨今では葉酸サプリの摂取に警鐘が鳴らされることも増えてきました。

葉酸の摂取上限が決められています。

葉酸を摂取することで、胎児の神経系の成長を促すことができるとされています。また二分脊椎症という先天性の病気を防ぐこともできるとされています。ただし、やみくもに摂取すると、過剰摂取となり副作用に悩むことがあります。特に、妊婦向けに作られている葉酸サプリは食べ物と異なり吸収性を重要視して作られているので、子どものためと躍起になって摂取しすぎると、吐き気や不眠、じんましんというような症状が出てくることも考えられます。葉酸は一日1000μgと摂取上限が決められています。妊娠中の1000μgは食事だけではすべてを摂取することができないので、葉酸サプリと併用して上手に摂取してきましょう。

妊娠中、葉酸を摂取するにはどうしたらよいか

葉酸サプリに頼ることは基本ですが、食事からもバランス良く葉酸や鉄分を摂取できたら良いですね。葉酸は葉物野菜に多く含まれています。また納豆やキノコ類にも含まれているので、好き嫌いせずに良く噛んで食べましょう。けれど、つわりなどの理由で思ったように食事を食べられないという方も多いです。葉酸サプリで必要な栄養素を補おうと考えている方は、葉酸だけではなく鉄分やDHA等の栄養成分も同時に摂取できるものを選ぶと一石二鳥です。また飲みこみにくい形のものでは長続きしません。ラムネのように噛み砕けるタブレットや、お水でツルンと飲み込むことができる物を選ぶことをおすすめします。

葉酸サプリで摂取上限は超えないのか

サプリと食事の併用で、葉酸の一日当たりの摂取上限を越えることがないのか不安に思う方もいるようです。サプリ1粒で摂取できる葉酸の量は高配合の物で400μgです。私たちが普段よく食べるブロッコリーに含まれる葉酸の量は100gあたり210μgとほんのわずか。またブロッコリー100gは私たちの食事量から若干かけ離れていますね。これを踏まえると、私たちがどんなに野菜を積極的に食べたとしても、妊娠中の葉酸摂取量1日900μグラムには届かない場合が多いので、葉酸サプリを併用してちょうど良いバランスだと捉えて差し支えありません。

まとめ

葉酸サプリと上手に付き合っていくことで、元気な赤ちゃんを育てていくことができます。妊娠を希望した時からもちろん、妊娠中から出産後母乳を与えている期間も通じて葉酸を摂取していきましょう。葉酸を摂取することで赤ちゃんだけではなく、母体の体も整っていきます。

TOP