葉酸サプリは妊娠前後から中期以降に活用する | 葉酸サプリバイブル!妊娠中に必要な栄養摂取おすすめサプリ徹底比較

alt_02

葉酸サプリは妊娠前後から中期以降に活用する

葉酸は、妊娠の前後から初期にかけて不足しますので積極的に摂る必要があります。胎児の成長を促し先天性異常を防止し、また妊娠中期以降に、妊婦の貧血を予防するために必要な成分です。必要摂取量多い妊娠中において、特に葉酸サプリの必要性に注目が集まっています。

葉酸が妊婦に必要な理由・胎児の健やかな成長を促す

妊娠に伴って葉酸が必要栄養素となり、積極的に摂取すべきとされています。胎児の成長に役立つ葉酸の重要性に注目が集まってきています。神経や細胞を作る大切な時期に葉酸が不足すると、先天異常のリスクが高まりますので、妊娠前の段階から妊娠初期にかけては、特に慎重になるべき期間とされています。神経管閉鎖障害を防止して胎児の健やかな成長を促すために、摂取を心がける必要があります。得に妊娠初期から妊娠3カ月までが重要とされていますが、実はそれで終わりというわけではなく、妊娠中期以降においても通常の摂取量以上が必要とされていますので、母体の健康を意識して取り続けるべきであるといった指摘もあります。

妊娠中期~後期は妊婦の身体のために必要な葉酸

葉酸を摂取するとなった場合、注意すべきなのは妊娠直前から初期と言われていますが、実は妊娠中期以降においても、通常、食事得られる葉酸の倍となる400マイクログラムが毎日必要と言われています。葉酸が不足すると貧血になりやすくなりますので、胎児の成長をサポートすることを目的とするだけでなく、中期以降は必要量をクリアしていくことが推奨されます。葉酸は、通常の食事でも摂取できる成分ですが、あまり吸収の効率が良くないのが難点です。食材に含まれる成分の半分程度と言われています。また、水に溶けやすく熱に弱い特性がありますので、食材や調理方法に工夫が必要です。そのため、葉酸サプリを併用して効率アップを図り1日に必要な摂取量をカバーしていく必要があります。

葉酸サプリの選び方のポイントを知る

妊娠の前後から後期にかけて継続して摂取すべきとされている葉酸ですが、食事で摂りきれない分をサプリメントで補っていきます。まず、どれを選べば良いか分からないといって疑問がある場合は、インターネットに公開されているサプリメントの比較サイトやお役立ち情報を配信しているサイトを利用されることをお勧めします。但し、特定製品を紹介するために偏向した記事が掲載されている場合がありますので、可能であれば複数のサイトを参考にされると良いでしょう。簡単な見極めのポイントは、合成葉酸が推奨されており、必ずしも無添加が良いわけでないという点に注意してください。また、販売しているメーカーの管理体制がしっかりしているところが望ましいと言えます。

まとめ

葉酸は妊娠前後から初期段階は胎児のため、妊娠中期以降は妊婦の身体のために有効な成分です。特に先天性異常を防止し、妊婦の貧血対策に効果があります。通常の2倍程度の摂取量が必要とされていますが、食事での摂りきれない分を葉酸サプリとの併用で効率アップを図るのが望ましい。

TOP