血液を作るビタミンを補う葉酸サプリ | 葉酸サプリバイブル!妊娠中に必要な栄養摂取おすすめサプリ徹底比較

alt_02

血液を作るビタミンを補う葉酸サプリ

葉酸とはビタミンB群に分類される水溶性ビタミンです。葉の酸という名前からも分かるように葉物の野菜に多く含まれている他、レバーや豆類にも含まれています。血液を作る栄養素として人間にとって重要なビタミンです。しかし、野菜などを食べるだけで必要な葉酸の量を確保するには、相当な量を食べる必要があり、不足してしまいがちな栄養素でもあります。

1日に必要となっている葉酸の量とは

1日の葉酸の必要量は15歳以上の男女で200マイクログラムとなっています。これは葉物の野菜やレバーを意識的に摂取してようやく到達できるかどうかという数字です。野菜をあまり摂取しなかった日やレバーが苦手な人は足りていない可能性があります。何よりも妊婦の方は葉酸の必要量が何と400マイクログラムに跳ね上がります。これを食事だけで摂取するのは難しく、ましてや食欲が無くなっている時期なら尚更厳しい数値です。授乳期であっても必要量は280マイクログラムであり、通常に比べてたくさんの量が必要となっています。

葉酸が不足すると起こる症状とは

葉酸が不足すると体内で血液を作るペースが落ちてしまいます。これにより悪性の貧血などを起こすことがあります。普段から貧血気味の方は特に注意が必要です。妊娠中の方は普段よりも多くの葉酸が必要になりますが、これが不足すると胎児に悪い影響が出てしまうことがあります。当人と赤ちゃんの両方の血を作るためのビタミンとなっているので、それほど摂取する必要性が高いといえます。授乳期には母親の葉酸が不足しやすいので、貧血のリスクが高まります。赤ちゃんの健康にも影響を与えるので、母親の体調が良くても注意しておく必要があります。

葉酸を補ってくれるサプリメント

食事ではカバー出来ない分は葉酸サプリで摂ることが出来ます。中には葉酸サプリだけで1日の必要量に到達する物もあるので、妊娠中などで食欲が無い時期でも安心です。葉酸サプリはどれも同じではなく、配合されている物が異なっています。カルシウムやDHA、鉄分など自分に必要な栄養素が加えられている物を選ぶことが大切です。また、一粒一粒の大きさもメーカーなどによって異なるので、飲みやすい大きさの物を選ぶことも出来ます。最近では保存料や着色料の入っていない無添加の葉酸サプリもあるので、安心して摂取することができます。

まとめ

葉酸は不足していることに気づきにくい栄養素です。特に妊婦さんの場合は胎児に何かあっては大変です。葉物の野菜をよく食べている方でも食欲が無い時や妊娠している時は必要量に到達していないことがあります。どんな食生活を送っている方でも、葉酸サプリで確実に摂取量を維持することは合理的な選択といえます。

TOP